ルーペで臨む鼻腔の向う側

2016年2月1日月曜:

粘膜ダメージ感残。なんとかかんとか起床出勤内勤、昼はんは釜八。の炙りチーズカレーうどん。ままま。午後より呉を現場とするなんやかや。退勤ゲッ宅、晩はんは家はん。後、21時より十日市アパートにてthe Loupesオカハラさんと会合。同バンドのCDマスタリングについて第2回目の打ち合わせ。とはいえ十日市アパートということで互いに生ビール。で生ビールも出てきたというのに、ついどういう工程で、どんなプラグインでマスタリングしたか、みたいな話を自分がついし始めてしまい、あ、乾杯してなかった、あ、泡がなくなってきてる、ごめんなさいごめんなさいみたいな、絶妙にダサいおじさんみたいな振る舞いをしてしまい情けないことだなあとは思っています。芋焼酎ロック、ジャックダニエルロック。曲間や最後の間の秒数などを決めてもらい、あとはついエレカシの話をしてしまい散会。まだ見ぬエレカシフリークスと明け方まで飲み明かしてみたいぬあー。鼻腔再び閉ざされり。

ゲッ宅してオカハラさんへデータ送稿。ストロングゼロ梅。

ここで昔作った鼻腔という曲をお聞きください。

0コメント

  • 1000 / 1000