エバー燻煙

2016年1月31日日曜:

やや粘膜にダメージの感あり。やや宿酔感あり。11時チェックアウト出立。ムーミンの世界にはニョロニョロというにょろにょろした生き物がいて、種から生まれ育つそう。の種が入ったジュースなどを売っているよ、というお店で、ニョロニョロの種の入ったソイ塩キャラメルのホットというものを容赦なく摂取。他の店ではスパムおにぎりを摂取。ムーミンの特産物とハワイの特産物なので大阪の特産物も摂っておきたいのうや、一路梅田。で各種見物。スケートリンク未遂事件、梅田スカイビルの空中庭園未遂事件、なんかパブみたいなところで血迷ってたこ焼き頼んじゃった事件など。大阪駅のビルの蔦屋書店は複合サービスを享受できてとても機能的かつ洗練されていてそして人が多すぎ。鼻腔から酸素が入ってこない。少ししか。閉ざされていく鼻腔内に小さなインディージョーンズがいれば、この危機を脱してくれるのだろうか。いやインディーはただ鼻腔から逃げ出すだけで鼻腔が広がることはないだろう。ままやり過ごせるレベルではあるが。月末となりて4G LTEも鼻腔よろしく閉ざされり。

なんば、住之江と移動して17時、本日の最大メインコンテンツである「燻煙工房このがみ」へ。以前テレビで見かけ、あれもこれも燻されたものが食せるということでいつか行ったるねんとGoogleマップに星マークをつけていたお店。カウンター席のみ。に腰を下ろして。眼前に置かれていたのは燻煙オリーブオイル、燻煙醤油、燻煙胡椒、燻煙塩、燻煙ハーブ塩(後に燻煙白ゴマも登場)。燻煙卵、スモークチーズ盛り合わせ、燻煙バターで焼いたポテト、燻煙魚介出汁の湯豆腐など。この湯豆腐に燻煙オリーブオイルを垂らして出汁ともに食べると異国。初めこそはビール。そこから燻煙ハイボール。濃いめ。うまい。を飲んで広島から来たんですーとか店主のおじさまと話をしていると隣にいたダンディー夫婦のイケメン旦那に声をかけられ、広島に縁があるらしく、あれよあれよと、ワンショット燻煙ウィスキーを3杯もごちそうになっていた。これがうまい。我が家でも好んでちょっとした贅沢として飲んでいる国産の「あかし」を燻しているらしい。妻には燻煙テキーラまでも。「シロモノの酒は燻すと豹変しますからねー」と店主。妻がテキーラを飲んでいる。妻の方が豹変するのではないかという心配もあったが杞憂に終わった。ダンディー夫妻は名前も教えてくれずお店を去り、19時出来上がった夫妻すなわち弊方も退店。その後は帰途ふらふらと土産等を買い、新幹線に乗り込んだような気がする感じ的な覚えがなくもない。岡山まで爆睡していて危なかった。広島に着き、自宅に着き。暮らすには広島が一番性に合うなーとしみじみ。何かとちょうどいい。

ゲッ宅し旅の仕舞支度、the Loupesオカハラ氏とマスタリング関する次の会合日時についての活字連絡など。

0コメント

  • 1000 / 1000