the United States of Japan

2016年1月30日土曜:

午前5時に起きて。6時過ぎ妻と出立。広島駅7時ちょうど発の新幹線に乗って新大阪へ。道中ビールを飲まない。早朝であるし、飲むことが目的になっていてはダメで、アルコールの効用が欲しい時に飲むべし。今は穏やかに、ドトールのコーヒーとフレンチトーストツナサンドを頬張りながら過ごす。これにアルコールなど望む隙はないなあ。また大人に一歩近づいた、か?否、少年少女はそんなことは当然わかりきっていることかもしれないなあ。自明の理を話をややこしくして拗じらせてしまうのは大人。着いたのは8時半頃だったか、90分程度で着くて近いな大阪。9時過ぎ大阪旅のメインコンテンツである目的地に。即ちUSJ、ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパンに。駆け抜ける妻。止めることはできない。そない走らんでも!とは言うが、嬉しいことがあるというのは見ている側も嬉しいもの。自分は初めてのUSJであり、テーマパークというもの自体、14,5年ぶり。

ハリー・ポッターの世界にばまりこんで、アトラクションも食事も。せっかく来たのだし徹底的にばまり込むべく、ビールはプレミアムモルツなど頼まない。ホッグスヘッドビール一択である。バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界にばまりこんだり、スパイダーマンの世界にばまりこんだり、スヌーピーの頭部様の饅頭を貪り頬張ったり。ひとつひとつのアトラクションの待ち時間も、それはそれで楽しく過ごせるもんなんだなあ。こんなことは独身時代には絶対思わなかっただろうなあ。そういう自分も好きだなあ。て結局自分かい。

日も暮れ始めてアイリッシュパブ様のところでビールとオニオンブロッサム。オニオンブロッサムという揚げ物、揚げ物界で五本の指に入るほど好きであると思う。玉ねぎまるごと使うとたいてい好きである。後、モンスター・ロック・アンド・ロール・ショウを鑑賞しつつ少しうたた寝し、いい休憩になったなあとそれはそれで満足したり、きゃりーぱみゅぱみゅのアトラクションは240分という未曾有の待機時間を示していてパスしたり、夜のハリー・ポッターの世界の再びばまりこんでみたり、てさっきから言うてるこの「ばまりこむ」というのはどういう意味なの?町田康さんに聞いてみたいなあ。しかしこの日最もインパクトのあるばまりこみ世界はサンリオキティーちゃんの世界であったことは否定できない。異論は認めない。そして詳細は控える。私達夫婦は戦慄した。そしてアイリッシュパブに舞い戻ってビールを飲み、フィッシュ・アンド・チップスを食べた。

やれ3Dや4Dやと技術が進歩して仮想現実の中で急降下急上昇して、4Dにおいては時に風や、水滴がぴゃっぴゃっ!ってなったりして、ってかこのUSJの仮想現実アトラクションはやたら水滴ぴゃっぴゃっ!があるなあ。しかしながらtherefore、愛嬌があるけども、やっぱり本物のジェットコースターのスリルにはかなわないなあ。夜のハリウッド・ドリーム・ザ・ライド。最後列の最左列で、たっかいたっかいとこから体ほりだされるんかみたいな、USJ舐めてたなあみたいなマジジェットコースターで終始叫んでいた。時に低く、時に高く。気高く。最後に遅くまでおれる券の閉園時間も間近になってエヴァンゲリオンの4Dシネマ。

近辺のホテルを取っており、幸運なる玉突き事故なのか、当初の予定よりもよい部屋で泊まれることとなり、最高なこと。トイレ風呂別でゆったりと湯船に浸かって。27階の窓際でゆったりと妻と語り酒を飲んで。角ウィスキーの小瓶をハイボールにしながら空けて、最後に缶ビール。26時。

0コメント

  • 1000 / 1000