低音、平静時の歌唱に実力が出るんだろう

2015年9月27日日曜:

惰眠to正午。昨夜は楽しかった。種々の家事を妻と。自分は皿洗いだけしかしていないことをここに明かします。午後昼下がって私の実家へ。明日より母検査入院につきお気張りやすを言いに。後、夕方になりてゆめタウン廿日市。幻のすた丼。後、やまや。帰宅。昨夜のENGEIを見ながらビール様リキュールウィスキーウィスキーウィスキーウィスキーウィスキーそば焼酎。

低音、平静時の歌唱こそがその人の実力がありのまま出る領域なのではなかろうか。自分はといえばその辺ほぼ手付かずといったデタラメのサラリーマンである。伸びしろですねえ。歌の世界へ没頭するよりも、リスナーの立ち位置から自分の歌を唄えるようになりたい、端的にいうと、人の歌を歌ってるみたいに自分の歌を、いい意味で他人事みたいに唄えるようになりたい、というのが最近録音してて見つけた気づきです。課題・目標があるのはとってもラッキーなことです。というわけでモニターの皆様方からのコメントを心待ちにしております。

これより風呂から上がればもう一杯ウィスキーやって寝るだろう。

コップのフチの太陽の塔、我が家に岡本太郎さん二人目をお迎えすることが決定した瞬間。

0コメント

  • 1000 / 1000