白湯飲んでピュアー。

2015年9月20日:

宿酔にて11時半起床。『よいもの』のミックスをするなどしてるうちに昼下がって、広島市街地ライブサーキット『導火線と意見』へ。ジモカフェにてミカカとアカノタニン。これがまた終始良くて。今日は特にやったけさんのドラムのキレキレ具合を筆頭に、ミカカも久保モリソンも気合がひとつになって渦巻いておりました。Jさんのクラリネットも曲によって入る/休むというのも潔く、十数曲駆け抜ける、いろんなもの背負ったおっさんたちが全力で叫び汗をかいて音を紡いでいる。ラストの『やじるしたち』でとぅるっとぅー一緒に言ってたら何故か目頭に熱いものが。いかん。最近一番感動したThingsになりました。もうこれだけで満足。


後、商店に立ち寄ってからクアトロにてペロペロしてやりたいわズ。を見ようとするもすでにフロアがパンパンで入れズ。完全に、きてる。波が。バースペースで出くわした仲間と駄弁るなどした後、商店に立ち寄ってからAGITにて念願のビール。と小雪というバンドを初見。キーボからめたアレンジセンスー。中抜けてのやよい軒にて定食とビールー。後、クアトロへ出戻りサトシコンドウサトシ弾き語り。を1曲だけ見届けて(エレベーター乗り際に爆発したサトシの雄叫びが聴こえ、後ろ髪をひかれつつ)、SLOWDOWNでカングルワングル。しばらくお休みするらしいのでこれだけは外せなかって。ウィスキー。アンコールまで見届けて。バンドというのはドラマがあって、いいもんだなあ、とピュアーに思う。広島のバンド達が広島の人達と盛り上がれるライブサーキット。いいイベントだとピュアーに思う。僕も出たい、という気持ちが抑えきれない。タイムラインなど見てると。出たい出たい出たい、どうやったら出れるのか、出たい出たい、なんで出れない?やっぱり私は、私の曲は、需要ないか、など、さっきまでの私のピュアーネスはたちまちのうちに立ち消え、劣等感と嫉妬がひとつになって渦巻いておりました。が、しぶとく、憎まず、諦めず、が最近のモットーであります。続けていくことしかできないし。ギターをぶら下げて握っておくと気持ちが和らぎます。なぐさみ、なのかもなあと最近思います。楽器というものは。スポーツと違って、続けていきたい気持ちさえあれば何歳になっても続けられるあくてぃびてぃー、音楽。まだまだやれるであろうと。

自宅にて翌日パーティーでのBGM的DJのための選曲。焼酎焼酎。『よいもの』ミックス続き。妻は横で“ボレロ”という服を作っておりました。こないなシルエットの服作ってこましたろ、というイメージから、平面のパターンに落とし、裁ち、繕う、というのはクリエイティブでもあり、理系な感じもあり、ピュアーに尊敬します。白湯飲んで寝たろう。

ミカカ
久保モリソン、Jさん
Jさん全力待機、キレキレやったけさん
サトシコンドウサトシ

神々しいカングルワングル

0コメント

  • 1000 / 1000